競輪大百科は競輪の魅力を&必勝法をギュギュッと凝縮!

20年の歴史を刻む3連単

池脇バンク
池脇バンクの競輪コラム。今回は【20年の歴史を刻む3連単】というテーマでコラムをお届けします。

車券が現在の7賭式制になったのは、平成13年。

その時に登場した3連単が今年で20年目になる。

先鞭をつけたのが前橋と立川。

開催初日の立川へ駆けつけ、第1レースから3連単を買いまくったのが懐かしい。

高配当の魅力で、3連単のシェアは現在、断トツだ。

筆者はボックス60点張りになっても、3連単で勝負する。

10万円以上の6桁配当が引っかかると快哉を叫ぶが、この賭式は取りガミも多い。

20年、3連単を買い続けての反省は、競輪予想の車券勝負は配当だけでなく的中率にも拘りたいこと。

そこで新しい年から、配当こそくれないが、当てやすいワイドも狙ってみよう。

先日、ある新聞に1日1個レースだけ、ワイドに賭ける高齢の競輪ファンが紹介されていた。

そこまで枯れるのは難しいが、穏やかに競輪を楽しむのもいい。

実際にワイド1点に3000円も投資して、的中してみると悪くない配当だと思う。

ただ固くて、どうしようもないガールズ競輪などは、あえて投資するまでもない。

展開が左右するのが競輪。脚力上位A,Bが別線になり人気割れの競走などが面白い。

両選手が3着以内に入る確率は、それなりにある。

令和2年の新春。

今年も大宮GⅢあたりから競輪に参戦するつもりだ。

奥の深い楽しみがあるのが競輪。

他の公営ギャンブルには無い予想の魅力が競輪にはある。

我が人生の伴侶。

競輪から元気をもらえる。

来年も競輪をより盛り上げるため一役買うつもりだ。

最新情報をチェックしよう!